ps2-with-psvr

PlayStationVRでPlayStation2(PS2)のゲームを遊ぶ方法 #PSVR

前回、PlayStationVRでパソコンの動画を見る方法を公開したが、今度はそれを応用してPS2のゲームをPSVRで遊んでみよう。やるならやっぱりR-TYPE FINAL。これは傑作。

ところが、簡単にできそうなのに意外とハマりどころが多かった。

その1: PS2からHDMI出力をして、そのまま PSVRに接続する方法

結論から行くと、この方法ではPSVRに表示されなかった
テレビには表示されるが、PSVRの方ではローディング中のままゲーム画面は表示されなかった。

用意したもの

  • PlayStation2
    • まずは本体は必須。中古で¥5000程度で購入できる。
  • R-TYPE FINAL
    • アイレムが発売したシューティングゲームの最高峰。101機もの機体を収集するのも楽しい。
  • Excelvan PS2用 HDMI 変換コンバーター
    • PS2からHDMI出力でテレビに接続するコンバーター。お手軽にパソコン用のディスプレイにも表示できるので便利。

接続方法

前回のPlayStationVRでパソコンの動画を見る方法にならい、パソコンからのHDMIケーブルをPS2からのHDMIケーブルに差し替えた。

構成としてはこのようにになる。

PS2→[アナログ]→HDMI変換器→[HDMI]→PSVR→[HDMI]→テレビ

これでテレビにはPS2のゲーム画面が表示されるが、PSVRの画面はローディング中のままでゲーム画面が表示されない。
調べてみると、PS2から出力されている信号は525iらしい。

ps2-hdmi-525i

おそらく、PSVRでは525iでの入力は対応しておらず、720pや1080pなどの入力にのみ対応していると思われる。

こうして、「簡単にPS2のゲームができる!」と期待していた自分の願いは簡単に打ち砕かれた。

その2: PS2からの出力をパソコンで表示してからPSVRに接続する

非常にややこしくなった。
まず、パソコンからPSVRに表示することはできている。
それならば、PS2のゲーム画面をパソコンで表示させて、パソコンの画面をPSVRに表示させればいいのでは?

結果として、この方法でPS2のゲームをPSVRで遊ぶことに成功した

続きを読む

psvr_pc

PlayStationVRでパソコンの動画を見る方法 #PSVR

以下、手順。

必要なもの

1.PS4とPSVRを接続する。

接続にたくさんのケーブルを使います。説明書がわかりやすく書かれているので、それに従い接続します。

2.PS4の電源を入れ、PSVRの電源を入れる。

正しくPSVRが接続され、PSVRをかぶるとPS4のホーム画面が表示されているのが確認できます。

3.パソコンにHDMIケーブルを接続する。

パソコンのHDMIポートにHDMIケーブルを接続します。
必要に応じてハブなどを使用します。
HDMIケーブルのパソコンの反対側は次の手順で接続します。

4.PSVRのHDMI接続を切り替える

PSVRが正しく起動している状態で、PSVRのプロセッサーユニットに接続されているHDMIケーブルを切り替えます。

psvr_pc

プロセッサーユニットの①番のケーブルを外し、手順3でパソコンにつないだケーブルを接続します。
正しく接続されると、PSVRの中にパソコンの画面が表示されます。

5.Enjoy!!

あとは好きな動画をパソコンで再生しましょう。
動画だけでなく、PS4に対応していない動画配信サービスでもオンラインゲームでも、パソコンで表示できるものは全てPSVRで楽しむことができます。

気をつけて!

いつもパソコンで再生しているDVDやBru-Layは、そのままPS4にディスクを入れれば観れますよ!

続き: PlayStationVRでPlayStation2(PS2)のゲームを遊ぶ方法 #PSVR

webdriver-code

ElectronでSelenuimを使う

前書き

Seleniumを使ってウェブの自動巡回ツールをよく作るが、Electronのwebviewで同じようなことができないかとチャレンジしてみた。
結論としてElectronのwebviewとデータをやり取りするためにIPCを使うが、IPCはDOMオブジェクトを送れないことがわかったので却下。
せっかくなのでElectronからSeleniumを使い始めるまでのチュートリアルをここに残す。

なお、基本的な手順はElectron公式のWikiに倣うが、あちらは「SeleniumでElectronのテストをすること」を目的としている。こちらは「ElectronからSeleniumを使うこと」を目的としている。

1.Electoronのプロジェクトを作成する

クイックスタートに従ってレポジトリのクローンを行う

2.chromedriverのダウンロード

http://chromedriver.storage.googleapis.com/index.html
こちらより最新のバージョンでプラットフォームに合ったものをダウンロードする。
2016年11月25日時点で最新のバージョンは2.25
ダウンロードしたファイルを展開し、1で作ったプロジェクトのディレクトリにコピーする。

3.WebDriverJSのインストール

Node.jsからSeleniumを制御するためのselenium-webdriverをインストールする。

4.Seleniumの処理

main.jscreateWindow 関数にSeleniumを起動する処理を追加する

5.動作確認

アプリケーションを起動してみる。

起動してすぐにChromeが起動して、”webdriver”の検索結果が表示されたら成功。

webdriver

6.Enjoy!!

あとはselenium-webdriverのドキュメントに従ってコードを書くだけ。

no-java

Javaを強制する企業は滅すべき

eLTAX(法人向けのeTAX)がセキュリティ的にひどいという話が先日流れてた。

高木浩光@自宅の日記 – 治外法権のeLTAX、マルウェア幇助を繰り返す無能業者は責任追及されて廃業に追い込まれよ

ここ数年、不正送金の被害がインターネットバンキングの法人口座で急増しているという*1。その原因は今更言うまでもなく、Java実行環境(JRE)やAdobe製品の古いバージョンの脆弱性を突いてくるマルウェアである。しかしそれにしても、法人口座を扱うパソコンがなぜ、Java実行環境やAdobe製品をインストールしているのだろうか。インストールしなければ被害も起きないのに……。

その謎を解く鍵が、eLTAX(地方税ポータルシステム)にあるようだ。eLTAXでは、インターネットバンキングの口座を用いた納税ができることから、インターネットバンキング用のパソコンでeLTAXの利用環境も整えるということが普通になっていると思われる。そのeLTAXが、昨日までは、Java実行環境のインストールを強要していた。

これ読んでひどい有様やなー、企業大変やなーと遠巻きに見てたが、先日就活中の友達から「Javaがインストールできない」とヘルプを求められた。

続きを読む

スクリーンショット 2016-02-03 14.31.05

ぼくのかんがえたさいきょうのセキュリティたいさく。ログイン編

このような記事が公開された。

セキュリティの専門家とそうでない人のセキュリティ対策の違いとは、Googleが論文紹介 -INTERNET Watch

01_s
逆に一般ユーザーの42%がアンチウイルスソフトを最も重要な対策の1つとして挙げているのに対して、同項目を挙げた専門家は7%だった。専門家は、アンチウイルスソフトの有効性を理解しているものの、そうしたソフトも完璧な対策ではなく、逆にユーザーに対して間違った安全認識を与える可能性を問題として指摘している

ソフトウェアアップデートはマジ大事。ウイルスが入ってくることを防ぐのではなく、入ってこようとするウイルスを無効にするためのものだから。

だが、今回はそことは別に、いろんなサービスを使う上でのログインパスワードの管理について「ぼくのかんがえたさいきょうのセキュリティたいさく」を紹介したい。

目次

  • 1.パスワードはサービスごとに違うものを使え
  • 2.パスワードは強固なものを使え
  • 3.メールアドレスもサービスごとに違うものを使え
  • 4.メールアドレスもエイリアスも強固なものを使え

続きを読む

FullSizeRender

失敗した話。ペットシーツ編

「今日は失敗した話をしたいと思います」

「ウチには犬がいてるんですよ。ミニチュアダックスって知ってます?あの胴体のながーいやつです。もう9歳になるんですかね。結構ええ歳したオッサンのミニチュアダックスなんですわ(笑)」

「で、その犬がね、アレルギーなんですよ。知ってます?犬でもアレルギーっていうのがあるんですよ。人間なら蕎麦アレルギーとか有名ですけど、花粉症もそうですね、アレルギーって犬でもあるんですよ」

「だから、いつも体がかゆいんですよ。犬って痛みには鈍感ですけど、かゆさは普通にあるそうです。だから、かゆくてかゆくて一日中体をボリボリとかいてるんです」

「ウチの犬がなんのアレルギーか、昔に調べてみたことがあるんです。獣医さんのところに連れて行って採血して」

「そしたらもうね、すごいのなんのって、検査結果のほぼ全ての項目がアレルギー反応ありってでたんですよ。ハウスダストとかはまだ想像できるんですけど、麦もダメ、芋もダメ、鶏肉も牛肉もダメって。いやーすごかった。獣医さんもびっくりの数値が出たんですよ。そしたらもう何食ったらええの?って話になるんですよね」

「そこからこいつ(犬)が食えるものを探す旅が始まるわけですよ。芋も牛肉も鶏肉もダメ、そしたら食えるものの候補に何が出てくると思います?」

続きを読む

20140225-082258.jpg

iOSで「他のアプリを終了してください」はEvilである

iPhoneを使っていると次のようなメッセージを時々見る。

20140225-082227.jpg

ゲーム系のアプリでよく見るけど、要は「このアプリが使うメモリが足りないから他のアプリを殺せ!」と言っているわけで。
このメッセージ、正しいけど間違ってる。

iPhoneに搭載されているメモリは限られている。その限られているメモリを色々なアプリでシェアしながら使っている。
自分が使うメモリが足りない場合はどうするのか?答えは単純で、他のアプリが使うメモリを奪えばいい。だから、このメッセージは正しいわけである。

ただし、注意することがいくつかある。このメッセージはそれを伝えていないから間違っていると言える。

続きを読む

20140509-084101.jpg

IKEA PS 2014 Pendant lamp (ペンダントランプ) とリモコンLED電球Lumenを組み合わせたらエラいことになった件

まずはこちらの動画をご覧いただきたい。

GANTZ?いいえ、ただの照明です。

これはIKEAの新モデルのペンダントライト、 IKEA PS 2014Pendant lamp, white, orange
まだ日本のサイトには情報がないけど、英語のサイトには掲載されてる。購入は既に国内のIKEAで可能。お値段5999円也。

それにBluetoothでiPhoneから制御できるLED照明、TABU Lumenを組み合わせると、なんともサイケな仕上がりになった。
[新商品] Tabu Lumen: iPhone で明るさや色味が変えられる近未来LED電球!!!

中を派手に光らせずに普通の照明として見れば、おぞましい造形はそのままで実用に足る。
暖色で光らせた場合の写真はこちら。

続きを読む

20140218-084943.jpg

朝レッドブル

淀屋橋の駅前。まだ寒い朝にレッドブルガールが声を張り上げ、レッドブルを試飲で配ってた。

道行くサラリーマンは皆、特に興味もない顔をして目もくれず、レッドブルガールは一人懸命にアピールをしている。

俺は素直にレッドブルが飲みたくなって一つくださいと声をかけ、よく冷えたノンシュガーのレッドブルを一本いただいた。

「今日も一日、翼を生やしてがんばってください!」

レッドブルガールのその掛け声で、朝から少しがんばれそうに思った。ありがとう。

ちなみに、一人がすれば後に倣うのは簡単な性格の日本人。俺がもらった後はレッドブルガールの前に行列ができていた。

20140216-222133.jpg

Diamond Jubilee Brompton という相棒

 

まだ寒さの厳しい2014年2月の始め、衝撃的な出会いがあった。

 

2013年の秋から体調が悪かった。
夏は週末にも平日にもサバゲーにボルダリングととてもアクティブに動いていたが、秋になると体調が急降下。土日はずっと家に引きこもる生活が続いていた。

一日に歩くのはリビングとキッチンとトイレの往復のみ。万歩計にすら運動不足と叱られる始末。自分でもそれが良くないことであるとは認識していたが、以前のような生活へと覆すことはできなかった。

年が明けて2014年、やはりまだ体調は復調の兆しがなかったが、2月に入ると少しだけ上昇。外へと出たい欲求が出てきた。

そのタイミングでBromptonという自転車の存在を知る。きっかけはTwitter。自転車を持って電車で移動する輪行という行為について話をしているのを見て、急に興味がわいた。

以前から自転車でどこかへ行くのは楽しいであろうという思いはあった。しかし、遠出した道中で何かトラブルがあって戻って来れなくなくなることをとても怖く思っていた。

でも、輪行できるなら大丈夫。線路に沿ってどこまでも走って行って、疲れたら電車に乗って帰ってくればいい。心配することは何も無い。

 

次の休み、三宮にあるBromptonの専門店「BROMPTON JUNCTION」へ足を運んだ。自宅から電車で2時間。去年の秋から初めての少しだけの遠出。

三宮の駅を降りて、大阪とは違う神戸の町並みを眺めながら店を探して歩くとこ十数分。ようやく見つけた店のドアを少し緊張しながら開けると、そこに、衝撃的な出会いが待っていた。

Diamond Jubilee Brompton。

20140216-222147.jpg

イギリスの国旗であるユニオンジャックをフレームとバッグにおごり、そのカラーである赤青白で彩られたボディ。一目見た瞬間に心を奪われた。

 

畳まれた状態で奇妙な形に驚きつつも、店員に声をかけBROMPTONという自転車の持つ特徴や機能性、そして Diamond Jubilee Brompton が持つ希少性についての説明を受けた。

Diamond Jubilee Brompton はイギリス女王即位60周年を記念して制作された特別なモデルであり、その生産台数は全世界で僅か500台。
特別なカラーリングを施され、サドルも本革のBROOKSを設定。ユニオンジャックが特徴的なSバッグを標準装備。

Bromptonは1986年に生を受け、極限まで機能性と利便性を高めた設計をされ、小径の折り畳み自転車としては他を圧倒する走行性を持ち、小さく折り畳む作業に必要な時間はわずかに20秒程度で行え、畳んだ状態での移動用のホイールを自転車のホイールとは別に持つため輪行時も非常に楽に移動できる。

説明を一通り受けた後、その場で購入を即断、すぐさま契約を行った。

なにか、運命のようなものを感じた。
このタイミングで買わなければ後悔する。そう、強く思った。

その場で乗って帰りたかったが引き渡し前に整備が必要とのことで、非常に残念ながらその日は Diamond Jubilee Brompton との別れを惜しみながら店を後にした。

 

数日後、整備が完了した Diamond Jubilee Brompton を迎えに改めて三宮へ向かった。先日の不安とは異なり、少しの興奮を覚えながら。

店に着くと Diamond Jubilee Brompton が飾られていた展示ブースには別のモデルが飾られていた。
そして俺の Diamond Jubilee Brompton は数多くの他の Brompton と並びながらも、一際その存在感をアピールして引き渡しを待っていた。

店員から折り畳み方や注意点などの説明を受け、さらに輪行バッグや保安具などを追加で購入して、ついに Diamond Jubilee Brompton の所有権は俺のものとなった。

 

20140216-222159.jpg

 

店員に礼を伝え、店を後にする。

サドルにまたがり、ペダルを少しだけ漕ぐとすーっとなめらかに、そして想像していた以上に加速する。
漕げば前に進む、それは当たり前のことではあるが、このとき、感動した。

ペダルの重さが、加速が、とにかく気持ちいい。

あえてスチールで作られているフレームの高い剛性のおかげかもしれない。6.8気圧もの高いタイヤの空気圧のおかげかもしれない。

理由はどうあれ、その瞬間に心は突き動かされ Diamond Jubilee Brompton は俺の頼れる相棒になった。