HoloLensの動画キャプチャができるiPhoneアプリ「HoloCapture」を販売中です

以前にHoloLensで使えるキーボードのアプリ「HoloKeyboard」を作ったけど、今度HoloLensの動画をキャプチャしてiPhoneで再生できるアプリ「HoloCapture」を作った。
これでデモをするときにパソコンは必要なくなるね!

HoloKeyboard同じく、オープンソース版HoloCaptureAppStore版HoloCaptureをご用意しましたので、どちらでもお好みの方をご利用いただけます。

また、「HoloKeyboard」と「HoloCapture」をセットでお買い得にご購入いただける「HoloUtilities for HoloLensバンドル」も併せて販売中です。
「HoloKeyboard」を購入済みの方も、「コンプリート・マイ・バンドル」によって割引が適用されますので、是非「HoloUtilities for HoloLensバンドル」をお買い求めください!

セール情報!!「HoloUtilities for HoloLensバンドル」を期間限定でセール中!「HoloCapture」単体のお値段で「HoloKeyboard」と「HoloCapture」の両方をゲットできます!
「HoloKeyboard」を購入済みの方も、今すぐ「HoloUtilities for HoloLensバンドル」をお買い求めください!

HoloCapture誕生秘話

そもそも、なぜこんなアプリが必要になったのか?

HoloLensはDevice portalという機能を持っていて、そこでユーザーが観ている状況を動画で中継することができる。

それを素直にiPhoneで観ればいいんじゃ?と思ったけど、実はその動画のフォーマットにiPhoneが対応していない。
具体的にはmacOSもiOSもそのフォーマットに対応していないので、SafariもQuickTimeでもそれを再生できない。
MacではChromeを使えば再生できるけど、iPhoneのChromeは中身がSafariなので再生できない。

ということで、自前で動画を再エンコードして再生できるアプリ「HoloCapture」が誕生した。

HoloCaptureの機能

1. Mixed Reality Capture のライブプレビューが観れる!

画質や音声入力なども Device portal の機能をそのまま使えます。

2. HoloLensで撮影された写真や動画が観れる!

HoloLensを使って撮影された写真や動画はHoloLensの本体に保存されますが、それらをiPhoneで再生することができます。
ただし、 Device portal の制限に従い、再生できるのは直近の20ファイルまでです。
再生できる数を増やすのはMicrosoftさんにしかできないので、なんとかしていただきたいところ。

3. HoloLensで写真が撮れる!

アプリからシャッターを切って写真の撮影が可能です。
動画の撮影は今後のアップデートで対応する予定です。

4. HoloLensで撮影した写真や動画が削除できる!

写真を撮れるのはいいけど、シャッターのタイミングが遅くて手ブレ(頭ブレ?)するのはHoloLensあるあるです。
特に暗いところなどでは簡単にブレます。
それをいちいちPhotosアプリから削除するのって意外と操作的にしんどいんですよね。

でもHoloCaptureを使えば簡単に写真を削除することができます!
これ、地味に便利な機能です。

HoloCaptureの今後

対応したいけどまだできていない機能はいろいろあります。

  1. 動画撮影のコントロール
  2. ライブ中継中にスクリーンショットを撮影する
  3. ライブ中継中に一部だけを保存する
  4. 動画や写真をiPhoneのカメラロールに保存する

順次対応する予定ですので、乞うご期待!

欲しい機能や要望などあれば @sumihiro までお問い合わせください。

ダウンロード


Share on Facebook30Share on Google+0Tweet about this on Twitter