HoloLens はじめました

「冷やし中華 はじめました」
そんなノリで。

2017/1/30

真剣に買おうかどうかと悩みだした。
どうしても「その視界」を見てみたくなった。

一晩悩んだ。
なんせ、お値段が33万円。

経費扱いにすらできない。
資産として計上するのか?減価償却はどのようにするのか?

そんな話題にすらなるようなシロモノ。
消耗品のMacbookを買う方がよほどに気楽。

正直、これを買うことを仕事に直結させることも難しい。
おそらく回収することは不可能。それでも見たい。

「とにかく寝よう」
そう言い聞かせて布団に潜った。

2017/1/31

ポチった。
(ポチったとは専門用語で「注文した」を意味する)

朝一番にポチった。
もう迷いはなかった。
「その視界」を見てみたいと、その気持ちを抑えきれなかった。

2017/2/2

早速届いた。早いわ。
キャンセルとか迷う隙すら与えてもらえんかったわ。

注文して翌営業日に発送。その翌日には到着した。

すぐに開梱してHoloLensを装着。
はじめて見た「その視界」。

「ヤバい」

もうちょっと表現の仕方があるとは思うが、そんな言葉すら出ない。思わず息を飲む。

確かにそこにある。いや、もちろんそこにはないけど、確実にそこにある。

現実の上にもう一枚のレイヤーを重ねる。

言葉としてはただそれだけ。でも、目の当たりにした現実の衝撃はとても重い。
これは実際に体験した人にしか伝わらない。ただの想像と実体験は全く異なる。

この世界はやがて大きな波になる。そう確信した。
HoloLensはこの世界を変える。

ただし、今のHoloLensには大きな制限がある。

600グラム近い重い筐体。
上下35度、左右55度ほどの狭い視界。
まさに宙をタップするAirTapを使いこなすのは独特の勘が必要になる。

でも、そんなことは瑣末な問題。
iPhoneも3Gの頃はどうだった?

マルチタスクはできない。
バッテリーはすぐに切れる。
写真の解像度は低い。

それが、今はどうなってる?
街を歩けばスマホを持っていない人の方が珍しい。
誰もかれもが常にインターネットに接続し、ニュースも友達との交流も全てスマホを使う。

もしHoloLensが同じように普及したら?
想像するだけで鳥肌が立つ。

そんなこんなで

HoloLensを一人で遊んでいる中で見つけたこのツイート。

なにそれ大阪でイベントあるの?
しかも2日後?
東京は100人近く集まったの?
行くしかないじゃない?
でも19時間前にイベントの参加募集は締め切られてる!!

果たして俺の運命やいかに!?

(次回へ続く)

ご挨拶

久しぶりに相当に大きい投資をしたのでお仕事を探しています。
iOSアプリでもWEBサービスでもコンサルから実装までなんでもござれ。
SNSにてご連絡お待ちしております。
https://www.facebook.com/sumihiro.ueda
https://twitter.com/sumihiro/

それと

HoloLensを試したい!
そんな方がいらっしゃったらご連絡くださいな。
PSVRの時もやりましたが、うちで体験していただけます。
お気軽に遊びにいらっしゃってくださいな。

もちろん今からPSVRを試したい方も大歓迎ですよ。


Share on Facebook59Share on Google+0Tweet about this on Twitter