ElectronでSelenuimを使う

前書き

Seleniumを使ってウェブの自動巡回ツールをよく作るが、Electronのwebviewで同じようなことができないかとチャレンジしてみた。
結論としてElectronのwebviewとデータをやり取りするためにIPCを使うが、IPCはDOMオブジェクトを送れないことがわかったので却下。
せっかくなのでElectronからSeleniumを使い始めるまでのチュートリアルをここに残す。

なお、基本的な手順はElectron公式のWikiに倣うが、あちらは「SeleniumでElectronのテストをすること」を目的としている。こちらは「ElectronからSeleniumを使うこと」を目的としている。

1.Electoronのプロジェクトを作成する

クイックスタートに従ってレポジトリのクローンを行う

2.chromedriverのダウンロード

http://chromedriver.storage.googleapis.com/index.html
こちらより最新のバージョンでプラットフォームに合ったものをダウンロードする。
2016年11月25日時点で最新のバージョンは2.25
ダウンロードしたファイルを展開し、1で作ったプロジェクトのディレクトリにコピーする。

3.WebDriverJSのインストール

Node.jsからSeleniumを制御するためのselenium-webdriverをインストールする。

4.Seleniumの処理

main.jscreateWindow 関数にSeleniumを起動する処理を追加する

5.動作確認

アプリケーションを起動してみる。

起動してすぐにChromeが起動して、”webdriver”の検索結果が表示されたら成功。

webdriver

6.Enjoy!!

あとはselenium-webdriverのドキュメントに従ってコードを書くだけ。


Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on Twitter